ふる雪に

d0116616_2130443.jpg


<口語訳>
降り積もる雪と見まごうほどの白い梅の花。鶯だけは見分けて賞美するだろう。

新古今集より。菅原道真の歌です。
三句切れ(体言止めによる)。
道真公が梅を愛でたのは知られるところです。
とりわけ、左遷先の大宰府に発つときに詠んだとされる
「こちふかば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春をわするな」
の歌は有名ですね。

白梅満開の光景をひとり占めし、この歌に思いを馳せながらシャッターを切りました。
青梅市吉野梅郷にて。
[PR]
by eight__zhongguo | 2011-04-02 21:45 | 歌人の見た風景
<< 都会に咲く 物部(もののふ)の >>