二十曲峠からの富士山

やはり忍野村のポイントです。
夜明けの富士を山中湖で撮ろうと思ったのですが、深い霧で撤収。
その後、まず上がったのがここ、二十曲峠です。
ご欄のように、人里は深い霧に包まれていました。これでは富士山は到底望めません。
早めの決断で上に登ったのが正解でした。
d0116616_1942291.jpg


撮影日時:2008/11/15 06:37:03
Canon EOS 30D with EF24-105mm f/4L IS USM(32.0 mm域)
Tv:1/40 秒 Av:F10 ISO感度:100

この後、昨日アップした高座山に上がりました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ← ブログランキングに参加しています。クリック投票していただけたら幸いです。
[PR]
by eight__zhongguo | 2008-11-16 19:48 | 富士山 | Comments(26)
Commented by yingjingjing at 2008-11-16 20:03
eight__zhongguoさん こんばんは。
昨日の写真とは,また違った印象を与えてくれます。
富士山がオレンジ色で,日の出直後であることが分かります。
麓の雲海は,深い霧なのですね。全く天気が違うのでしょう。
撮影データ参考になります!!
Commented by 325dad at 2008-11-16 20:10
こんばんは
雲海が下に見えるってことは
やはりかなり高いところから撮られたんですねぇ。
Commented by houston at 2008-11-16 21:28 x
こんばんは。
今日も素敵な富士山ですね~、まだ日が昇ったばかり
のようで冠雪が朝陽を浴びて美しく輝いていますね。
撮影場所の見切りの速さはさすがですね、私だったら
きっとず~とその場所でうろたえていそうです。
今度富士山の撮影ポイントをまじめに調べようと
思っています。
ぽち。
Commented by Sippo☆ at 2008-11-16 22:04 x
こんばんは!
このような大きなスケールの自然界で
ベストを撮るということはとても大変なのでしょうね・・
霧があって・・上に登って撮られたお写真
素晴らしい絵になりましたね!
ポチッ!
Commented by SHINYA at 2008-11-16 22:43 x
下の方は湖かとおもったら、霧だったんですね。
機転を利かせたすばやい行動力、さすがです。
本当に、富士山はいつ見てもいいですね。
Commented by akamaru-kyujosho1 at 2008-11-17 00:13
こんばんは!^^
早朝の雰囲気良いですねぇ~ ♪
冷えた空気が透き通っていて、朝焼けの富士山が素敵に!^^
昨日の富士山とは違っていますが、素敵な一枚ですね ♪
ポチ☆
Commented by seaserEOS at 2008-11-17 00:17
こんばんは!
朝日が左側から段々とあたってくる感じがとても雰囲気を感じさせますね^^
雲のかかりぐあいもいい感じです^^ポチ
Commented by icchan_0725 at 2008-11-17 07:55
うわ~脱帽ですね^^
大きい存在を眼にすると人は動けなくなってしまいます♪
素晴らしいです
ポチ☆
Commented by jiaojiao at 2008-11-17 09:26
実は我が家の屋上からも天気が良いと富士山が遠くに見えるんですよ。
眺めているだけで一度も側まで行った事が有りません。
こうして写真を見せていただくと、日本人として一度は行かないとなあ、という気持ちになりますね。
Commented by shakasha19 at 2008-11-17 12:46
毎週のように山に出かけられてるんですね~!
私は山地に行って撮るというのは、気合いを入れないとなかなか実行出来ないのですが・・・。

雪化粧した富士山に、たなびく雲・・・。
日本画のような風景ですね。
Commented by M-Y-photoblog at 2008-11-17 14:50
素晴らしい景色ですね!
山の下に広がる霧。
富士山にまとわり付く雲。
まるで絵に描いたような写真ですね!
Commented by tonta03 at 2008-11-17 15:53
こんにちわ~
苦労の多い 被写体ですよね
日差しや刻々変化する雲
それらの総合的なイメージを描きながら 撮られるのでしょう
そんな忍耐の末に撮られた1枚
心して見せていただきました
ありがとうございます
Commented by 海原美海 at 2008-11-17 16:09 x
はじめまして!
富士山は素晴らしいですね~
こんな美しい富士を見させていただいて、ありがとうございます。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:18
yingjingjingさん、こんばんは。
前回の記事とは同じ村での撮影ですので、場所的にはそんなに離れていません。
日の出直前なのですよ。高い部分にだけ日が当たっているのですね。
前景はほぼつぶれているのですが、これに日が当たるのを待っては
何時間もかかるので、とっとと次のポイントに移動しました。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:19
325dadさん、こんばんは。
雲海というよりも霧なんですね。
標高はここ自体がそれなりの高地ですので、結構あるかもしれません。
でも、下の町からそんなに上がらないんです。
なぜこんな霧が出たんでしょうか。とにかくフォトジェニックでした。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:21
houstonさん、こんばんは。
この時点では富士山頂近くではすでに日の出していると思いますが、
この峠自体はまだ日の出前なのです。
富士山ポイントですか。たくさんありますね。
私も言えるほどまわったわけではありませんが、遠景がいいのか
近景がいいのかで違うと思います。
私は東の忍野、西の増穂をおすすめします。忍野が近景の代表
増穂が遠景の代表でもあります。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:22
Sippo☆さん、こんばんは。
富士山はなかなか思い通りに撮らせてくれないですからね。
だからこそカメラマンの心をとらえてしまうのかもしれません。
このポイントにも何十人もの人がいましたよ。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:23
SHINYAさん、こんばんは。
下界は厚い霧に覆われていました。
次のポイントをまわってから下に下ると少しずつ晴れてきました。
機転を利かせたというよりも、どうしようもなくなって行動したって感じです。(笑
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:25
akamaru-kyujosho1さん、こんばんは。
富士山を含め、風景写真にはやはり早朝ですね。
遠景を入れる写真だとどうしても空気が澄んでいる必要があります。
晩秋から冬にかけてはいい条件の日が増えるので、楽しみにしています。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:26
seaserEOSさん、こんばんは。
気合いの入った人は、ここでずーっと粘っているのですよ。
日が当たっていく様子や雲の変化を段階的に撮っていくのでしょう。
私はそこまで粘れず、次のポイントに移動してしまいます。(笑
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:27
icchan_0725さん、こんばんは。
大昔より人はこの山に畏敬の念を抱いていたのが納得できますね。
富士山を撮るときはほかの被写体を撮るときとはまた違った気持ちになります!
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:29
jiaojiaoさん、こんばんは。
ご自宅から富士山が見えるとは! うらやましいです。
ぜひ一度近くでご覧になってください。たぶんまた違った感じを受けると思います。
東京からもそんなに遠くはないので・・。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:30
shakasha19さん、こんばんは。
土日のうちどちらか一日は撮影に行くことが多いです。
今回行った忍野も車で1時間かからないんですよ。
ですので、割と気楽に行けてしまいます。
ただ、夜明けのシーンを逃したくないので、未明出発にはなります。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:32
M-Y-photoblogさん、こんばんは。
結構フォトジェニックなシーンだったと思います。
毎回違った顔を見せてくれますね。
これはこれで二度とは見せない表情なんでしょう。
次はどんなシーンになるか楽しみです。
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:34
tonta03さん、こんばんは。
確かに苦労は多いかもしれません。
でも、好きでやっていることですので、そんなに忍耐って感じはありません。
あ、でもこれから寒くなってくると辛いかな・・・。(笑
Commented by eight__zhongguo at 2008-11-18 00:36
海原美海さん、こんばんは。
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
富士山は被写体としてちょっと独特ですね。
この道にはまっている方々は数知れず・・・。
また撮りますので、よかったらごらんにきてくださいね。
<< 競演 朝の富士 >>