胡同の小朋友

ちょっと話しかければすぐ仲良くなれます。
d0116616_20105844.jpg
d0116616_2011887.jpg
d0116616_20111727.jpg
d0116616_20112324.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。クリック投票していただけたら幸いです。
[PR]
by eight__zhongguo | 2009-02-05 20:13 | 北京胡同 | Comments(12)
Commented by Sippo5655 at 2009-02-05 21:26
こんばんは!
子供たちの笑顔は、世界共通、可愛いですね(*^-^*)
バドミントン・・懐かしい~
学生の頃、バドミントン部にもいたんです^^
それにしても・・・本当に素敵な笑顔♪
強く逞しく、立派な大人になってね!
ポチッ!
Commented by sakura at 2009-02-05 21:33 x
こんばんは。
なんだか懐かしい風景ですね。
昔の日本でもこんな路地裏で子供が遊ぶ風景があったと思いますが
日本はおろか、中国でもこういう光景はだんだん無くなっていくのかな
とふと思ってしまいました^^;
Commented by M-Y-photoblog at 2009-02-06 10:35
やはり子供の頃は外で遊ぶのが一番!
これは世界共通ですね。
僕も小さい頃、道路でいろいろやって遊んでました!
なんだか懐かしいですね!
混ざりたいです!笑
Commented by shakasha19 at 2009-02-06 15:59
人懐っこいんですね~!
笑顔でレンズに顔を向けてくれて、いい子たちですね。
日本では路地裏で遊ぶ子供達を見かけなくなりましたね。
バドミントンが出来るような安全で広い場所もどんどん減っていますもんね。
Commented by yumiko-shiba at 2009-02-06 21:03
いい顔!子供のこの笑顔にはかないませんね(*^-^)
日本の子供達より照れてないような気がします
eightさんがとても親近感のある人だったのかな(笑
「話しかける」・・・やっぱ話せないと始まらないか。。。( ̄▽ ̄;)
(中国語はもちろん、日本語すらまともに話せない私・・・)

↓「氷上をゆく」 ビックリしちゃいました
なんて非現実的なひとコマ!?って
でもここではこれが日常なんでしょうか・・・ 世界は広い!

ぽち
Commented by icchan_0725 at 2009-02-07 00:05
子供の笑顔は周りを幸せにしてくれますね^^
そこには計算なんて言葉が存在しなくて真実があるからなのでしょうね♪

ぽち☆
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-07 23:47
Sippo5655さん、こんばんは。
子供の笑顔は最高の被写体です。
なんと!バドミントン部でしたか。
私はいまいち苦手です。よく空振りします。(笑
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-07 23:48
sakuraさん、こんばんは。
日本ではあまり外で遊ぶ子供は見られなくなってしまいましたね。
中国もそうなるかもしれません。ゲームも流行ってきたし。
とりあえず今のところは寒くても外で遊ぶ子供たちはいますよ。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-07 23:49
M-Y-photoblogさん、こんばんは。
私も子供のころ、道路でゴムボール野球などやりましたよ。
最近はそういう子供は少なくなりましたね。
あ、わが近所では毎日子供たちが遊んでいます。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-07 23:51
shakasha19さん、こんばんは。
確かに人なつっこいです。
最後の写真の子供たちなんて、私のカメラを取り上げようとしましたよ。
「それはだめだよ」って断りましたが。
ここは狭いし、安全でもなさそうですが、がんがん遊んでいました。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-07 23:51
yumiko-shibaさん、こんばんは。
私はどちらかというと、親近感がないほうだと思いますよ。(笑
話しかけるっていっても「ニイハオ」だけで大丈夫です。
あとは雰囲気で。あいさつと気持ちさえあれば仲良くなれます。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-07 23:52
icchan_0725さん、こんばんは。
子供の笑顔はやっぱりすごいです。
大人にはまねできませんよね。
とらせてもらって感謝です。
<< 木曽路の宿場 氷上をゆく >>