続・司馬台長城の午後

昨日に引き続き、北京シリーズの蔵出しです。
d0116616_20323835.jpg


中国河北省 司馬台長城 2009/01/03 16:54
Canon EOS 5D Mark II with EF70-200mm f/4L IS USM (135.0mm域)
マニュアル露出 1/60秒 F9.0 評価測光 ISO100
三脚:マンフロット

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。クリック投票していただけたら幸いです。
[PR]
by eight__zhongguo | 2009-02-25 20:38 | 世界遺産(中国) | Comments(14)
Commented by motophoto at 2009-02-25 21:49
こんばんは。
大陸のいざない復活ですね。
司馬台は今までいった頂上の中で一番気に入ってます。
この構図は流石ですね。
迫力と歴史を感じさせられます。
ポチッと!
Commented by Sippo5655 at 2009-02-25 21:50
こんばんは!
本当に趣きを感じる素敵な光景ですね・・・♪
この建物の中に入って歩いてみたいです^^
石の感触を味わってみたくなりました^^
ポチッ!
Commented by houston at 2009-02-25 22:26 x
こんばんは。
万里の長城、何回見てもいいですよね。今日の頂上は
ちょっと上からの撮影のようですが細部まで質感も
よく描写されていますね。山の峰に聳える長城は
絶景ですね。
ぽち。
Commented by jiaojiao at 2009-02-26 11:05
こういう写真を見せられると行きたくなっちゃうなあ、中国!
Commented by sakura at 2009-02-26 21:05 x
こんばんは~。
やっぱでかいな~、万里の長城^^
なんかぽつんと人影らしき人物が見えますね。
あんなところで何をやっているんでしょうか??
Commented by min at 2009-02-27 22:27 x
一番下の写真。これはどういうわけかものすごく精巧にできた模型に見えてしまうんです。あまりにキチンとブロックがつんであるからか??作った人のことを考えちゃいました。
Commented by 1_digitalsignal_0 at 2009-02-27 22:51
もう一度登ってみたいです^^
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:01
motophotoさん、こんばんは。
ここ、司馬台は北京周辺の長城で最も急峻です。
意外とこういう望遠で切り取った構図が合っていると思います。
金山嶺もいいですが、こちらもまた捨てがたいですね。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:02
Sippo5655さん、こんばんは。
ここの石の感触は格別ですよ。
あまり修復もされていなくて、素の長城が味わえます。
この写真でも先のほうは崩れているのがおわかりかと。
ぜひ行く機会があるといいですね。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:04
houstonさん、こんばんは。
長城は望遠でも広角でも標準でもなんでもいけてしまいます。
でもその分ポイントを出すのが難しい被写体でもあるのです。
これはまあ割といい感じで切り取れた一枚かと。
望遠で司馬台長城特有の急峻さを切り取ってみました。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:08
jiaojiaoさん、こんばんは。
中国行きたくなりますか。
私も自分の写真見てまた行きたいなって思ったりしています。(笑
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:09
sakuraさん、こんばんは。
これは望遠で圧縮効果をかけましたので、多少大きく見えるかもしれませんね。
人影は物売りですよ。絵葉書やら写真集やらを売っていました。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:13
minさん、こんばんは。
模型ですか。
なるほど、そうも見えるかもしれませんね。
レンガは割と適当に積み上げられているのですよ。
Commented by eight__zhongguo at 2009-02-28 22:14
1_digitalsignal_0さん、こんばんは。
長城に行かれたことがあるんですね。
北京の周りは結構たくさんあるんですよ、長城の名所が。
ひとつひとつみんな違って楽しいです。
ぜひもう一度いかれてください。
<< コアラ 景山の黄昏 >>